日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しています。

がんの治療と緩和ケアに関する知識は持っておくと安心だと思います。専門家による市民講座が開催されるそうなのでこれはお伝えしなければと思いました。

地域の方を対象に行われるので、お近くの人は参加されてはいかがでしょうか?

 

内容

・「がんの治療と緩和ケア」

講師:天野慎介(全国がん患者団体連合会 理事長)

・「どうしよう、どこに何を聞いていいかわからない」

講師:福長暖奈(東京医療センター がん相談支援センター)

・「家で過ごすって大変じゃないですか?自分や家族に合わせた在宅医療を考える」

講師:安達昌子(さくら醫院 院長)

開催日時

2017年12月10日(日) 13:00~15:00

 

開催会場

東京医療センター 外来診療棟3階 大会議室

東京都目黒区東が丘2-5-1

 

参加費用

無料

※先着200名(

 

主催

日本赤十字医療センター

国立病院機構 東京医療センター

 

詳細・申し込み

申し込み書に記入のうえ、下記にFAXしてください。(締め切り11月30日まで)

申し込み書フォームはコチラ
(事務局:東京医療センター FAX 03-3412-9811)

 

※注意

イベントは、主催サイトをご自身で確認された後にお申込みください。

情報の記載には気をつけておりますが、当ブログの情報が誤っている可能性もあります。