一般社団法人 日本流行色協会は、協会の活動のひとつである「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会」の研究結果として、今のシニア世代の志向にあった「高齢者を元気にするカラー 2018-2019」を、2017年9月18日の敬老の日に合わせ発表しました。

一般社団法人 日本流行色協会とは

1953年の設立以来、あらゆる商品分野に向けたカラーの先行情報の選定と提案を行っている団体。

増大する高齢者に向けたカラーの指針が曖昧であるという問題意識から、2016年「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会」を発足。業界の垣根を越えた人たちが集まり活動する中で、先行きを見据えたシニア向けのカラーを選定しています。

今回、2018-2019年に向けたカラーの中から、特に注目されるカラーグループを発表しました。

心を開放し、再び人生を愉しむ色とは

今回3つのグループでカラーを発表された中の一グループをご紹介

<グループ名>「遊 Travel」と名付けられ発表された色とは

プレスリリースより
プレスリリースより

住居関連向けの〈住〉は、マゼンタやパープルといった、異国のインテリアや香りを感じさせる色で、華やいだ気分になれる色です。

衣服向けの〈衣〉は、世界各国の手仕事による民族衣装に見られる色、太陽が燦々と降り注ぐ景色を想像させる色で構成しています。特にオレンジとイエローは、気持を明るくする色として紹介されています。

他の2つのグループで選定された色については11月1日のセミナーで解説されるそうです。

一般社団法人日本流行色協会 ニュース
http://www.jafca.org/colorcolumn/20170915_3.html

まとめ

来年はこの色が「高齢者を元気にする色」として、あらゆる場面で見られるかもしれません。

プレゼントやお花を選ぶ際の参考にしてみるといいですね。

衣服向けの色は、まさにパーソナルカラーでいうところの「オータム」にぴったりのお色味なので、オータムの人はそのまま顔周りにこの色を、それ以外のひとも差し色で取り入れてみるのはいかがでしょうか。