一応、いろんな準備と心構えで会社を辞めたものの、自分でお金を稼げるまではまだまだで急に不安が募ってきました。

そこで、再度家計の見直しと資産が形成できてるかどうか確認するため、会社の財務状況などのをしめす際に使われる貸借対象表を個人用に作ってみました。

バランスシート(貸借対照表)

自分用バランスシート

※株式は時価、保険は解約時の返戻金、不動産は売却予想額を入れる。


結果、資産は結構プラスの状態だったので一安心。

あとは日々の生活で貯金を切り崩さなくてもいいよう、ミニマムを稼げるように自分の仕事をがんばらねばいけません。

ただ、これを作り、最低限必要な生活費(ミニマムライフコスト)をつかめたことで、やりたいこと、大切にしたいことに集中して仕事に取り組めそうなので、気持ちが前向きになりました。

私の場合は、住宅購入のおかげで資産が大きくプラスになりました。

7年前に購入した中古マンションが購入時よりも高値で売れることがわかり、これが貢献。今後の生活スタイルが変われば売ることもできます。

古くても都心で駅近物件を選んでいてよかった~。あと1LDKもポイントですね。

資産も負債もまさにバランスがわかるので、負債がたっている場合はどうすればいいかの対応もみえてくるかと思います。目標も立てやすいかと。

自分用バランスシートの作成おすすめです。