お葬式の費用は遺産総額から差し引くことができます。

相続税の控除が受けられます。

ただし、対象となるもの、そうでないものがありますので、注意しましょう。

葬式費用となるもの

  1. 葬式や葬送に際し、又はこれらの前において、火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用(仮葬式と本葬式を行ったときにはその両方にかかった費用が認められます。)
  2. 遺体や遺骨の回送にかかった費用
  3. 葬式の前後に生じた費用で通常葬式にかかせない費用(例えば、お通夜などにかかった費用がこれにあたります。)
  4. 葬式に当たりお寺などに対して読経料などのお礼をした費用
  5. 死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用

葬式費用に含まれないもの

  1. 香典返しのためにかかった費用
  2. 墓石や墓地の買入れのためにかかった費用や墓地を借りるためにかかった費用
  3. 初七日や法事などのためにかかった費用

(1)(3)は親族やお付き合いが絡むことなので、残された身内のものでもわかりますが、お墓の希望は個人の意思を反映させるべく、生前に決めておくほうがお互いの負担も軽いですね。(購入するしないも含めて)

まとめ

お香典
お香典

私含め「お葬式は保険ででるから・・・」とよく言ったり耳にしますが、葬式費用の範疇の認識って人それぞれなので、相続税控除の対象と対象外を確認しておきました。

私の周りでも最近は香典辞退パターンがほとんどです。
お葬式がトントンでできる時代ではないので、最低限のお葬式費用は用意してある!と思っていてもそれぞれ持ってる、最低限のイメージも違うんですよね。

親とこのあたりの認識合わせをしておくだけでも、意にかなうことはしてあげられると思います。
※話しづらいことなんですけどね