終活に役立つ情報を集めています。

少額でも、マイナスの財産でも発生するのが相続。

相続が発生した場合に、いつまでに何をしないといけないかまとめました。

相続とは


人の死亡によって、死亡した人(被相続人)の所有する財産を、財産を引継ぐ人(相続人)に引き継ぐことを相続といいます。

引継ぐ財産は、土地や家屋、お金、株などだけでなく、住宅ローンや借金(保証人としての立場)も含まれます。


相続開始時期

相続は死亡の瞬間から発生します。

行方不明で生死がわからない場合は、失踪宣告により死亡したとみなされて、相続が開始します。

相続が発生する場所

被相続人の死亡時の住所地になります。

相続税の申告も同じ住所地になります。


相続開始の流れ


被相続人の死亡(相続開始)

  • 葬儀
  • 死亡届の提出(7日以内に死亡診断書とともに市町村役場へ)
  • 法要(初七日、四十九日)
  • 遺言書の有無の確認。あれば、家庭裁判所で検認
  • 相続財産の把握(資産・負債)の調査、把握

3ヶ月以内

  • 相続の承認・放棄

相続人が被相続人と離れていて、被相続人の死亡を知らなかった場合、相続の開始があったことを知った日から3か月以内

4ヶ月以内

  • 所得税の申告・納付(準確定申告)
  • 相続財産の評価
  • 遺産分割の協議(遺言・法定相続分・遺留分を勘案)
  • 遺産分割協議書の作成
  • 相続財産の名義変更
  • 生命保険金の請求
  • 相続税の申告書の作成

10ヶ月以内

  • 相続税の申告・納付
  • 納付方法の検討
  • 金銭納付{(一括・延納)、物納}

まとめ

少額でも遺産相続はもめることが多いんだそうです。

おひとりさまだと身内に残すひとがいない場合も多そうですね。

相続人がいない場合は、特別縁故者(被相続人と生計を同じくしていた人や被相続人の療養看護に勤めた人、いわゆる内縁関係の人にも)に相続財産分与はできます。友人や応援している団体に残すことも公正証書遺言を作成していれば可能ですよね。

このあたりはまた別の機会にまとめたいと思います。